矢印

健康住宅

CONTACT

まずはお気軽に
ご相談ください

健康住宅で、
暮らしを変えよう。

「国が認めた基準だから安心!」「大手メーカーだから間違いない!」
家を建てる時も同様、誰しもがそんな常識を信じているものです。
しかし、2003年以降シックハウスが社会問題化し、国が「建材から出るホルムアルデヒド、クロルピリホス量を制限するという法律制定」を行った後も、アレルギー症状をはじめとするシックハウス患者は増加傾向にあります。

事実、建築業者のほとんどが、日本の住宅の短寿命の原因やシックハウスという事実を知りながらも国の定めた「最低限の基準」に則った家づくりをしております。

健康住宅で暮らしを変えよう。

about

リードアーキテクトの
ゼロ宣言の家とは?

健康になるには運動と食事と「住環境」。

健康に密接に関係する3つに重点を置いた家づくりは0宣言の家とよばれ、本物の健康住宅として近畿、北陸、愛知県・三重県・和歌山県にて展開しております。健康住宅としてのエビデンス(科学的根拠)をすべて公開しておりますので、数ある自然素材住宅とは一線を画しており、安心安全なお家を提供いたしております。

  • 01

    断熱性能

    リードアーキテクトのゼロ宣言の家の断熱性能は次世代エネルギー基準の1.5倍の断熱値を出しております。
    そのためヒートショックの心配はありません。

    健康住宅
  • 02

    調湿機能

    湿度は低すぎても高すぎても健康によく有りません。「0宣言の家」は調湿性にも優れ快適な湿度を保ちます。有害生物・有害物質の繁殖は湿度が原因です。

    健康住宅
  • 03

    天然素材

    健康住宅としてのエビデンス(科学的根拠)をすべて公開しておりますので、数ある自然素材住宅とは一線を画しており、安心安全なお家を提供いたしております。

    健康住宅

本当に健康を考えた素材

feature

住医学研究会とすすめる
健康×家造り

日々健康になる家造りを研究する「住医学研究会」。

「住医学研究会」は、「健康を考えたらこの建材は使えない!」「この建材は安全で長持ちするのか」と、家づくりの現状に疑問を抱いた設計事務所や工務店が全国から集まり、医師や大学教授の協力のもと、住む人の健康を追求するために誕生した住宅業界の研究機関です。

住医学研究会賛同医師、研究者のご紹介

医師写真

住医学研究会 理事長

矢山 利彦 医師

1980年、九州大学医学部卒業。同大学院博士課程で免疫学を専攻。2001年、矢山クリニックを開院。
医療法人山桃会理事長を務める。ガン、リウマチ、アトピー、喘息などの難易度の高い病気に対して高い治療効果をあげている。またバイオレゾナンス医学会においても理事長を務めており、様々な医学を統合して新しい治療法を研究している。
著書に「病気がここまで治った」「難病・ガンでも諦めない」など

医師写真

首都大学東京名誉教授、放送大学客員教授

星 旦二 教授

1950年、福島県生まれ。首都大学東京(旧東京都立大学)名誉教授。
福島県立医科大学を卒業し、東京大学で医学博士に。
東京都衛生局、厚生省国立公衆衛生院、厚生省大臣官房医系技官併任を経て現職。
英国ロンドン大学大学院5ヵ月間留学。公衆衛生のエキスパートとして、全国地方自治体などと共同し、寿命とさまざまなファクターとの関連を大規模調査するなど「健康長寿」に関する研究と主張を続ける。
著書に『これからの保健医療福祉行政論』(日本看護協会)、『ピンピンコロリの法則』(ワニブックスPLUS新書)など。

医師写真

慶應義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科、大学院理工学研究科 開放環境科学専攻空間・環境デザイン工学専修教授

伊香賀 俊治 教授

1959年東京都生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業、同大学院修了。
その後、東京大学で博士(工学)を取得。(株)日建設計 環境計画室長、東京大学助教授などを経て、2006年より現職。専門は建築・都市環境工学。主な研究課題は、健康長寿を実現する住まいとコミュニティの創造(社会実証研究)、低炭素性・健康維持増進性・知的生産性・震災時の生活業務継続性のコベネフィットに関する研究など。著書に『CASBEE入門』『建築と知的生産性』『健康維持増進住宅のすすめ』『熱中症』『LCCM住宅の設計手法』『最高の環境建築をつくる方法』など。

model house

健康住宅
モデルハウス内覧会

モデルハウスの様子

モデルハウスで本物を実感。

京都市左京区にあるゼロ宣言の家モデルハウスです。
リード・アーキテクトの家づくりに少しでも興味をもっていただいたお客様はどなたでもご宿泊可能です。
また、ご見学もご予約いただければいつでも可能ですので、お気軽にお電話で問い合せくださいませ。

TEL:0120-675-365