矢印
屋根のすぐ下で遮熱する<br>ヒートバリアボード

屋根のすぐ下で遮熱する
ヒートバリアボード

気を付けるべきは輻射熱

・エアコンが効かない

・夜になっても部屋が暑い

・夜中なのにエアコンを切るとすぐに暑くなって寝苦しい

誰もが感じる夏の現象です。 これは、日中に屋根や外壁、さらに屋根裏、天井、壁が熱を持ち、その熱が室内に放射され続けているからです。
夏場、お昼ごろまではエアコンが良く効きますが、午後2時から4時頃に全く効いていないように感じることがあると思います。 これも建物全体が熱を持ってしまい、この熱を室内へ放射しているからです。

外側からの熱移動の約75%は放射による移動です。建物に使われている材料の多くは、放射熱をよく吸収し、吸収した熱を再び放射します。そのため、上記のような状態が起きやすいのです。

ヒートバリアボードは、アルミ遮熱シートによって輻射熱を遮断。そして、屋根とアルミ遮熱シートの間の通気層により対流伝熱を遮断します。また、断熱材による保温、断熱効果を兼ね備えた優れた遮熱・断熱材です。

高い熱反射率で熱を屋内に取り込まない

外部からの熱移動の75%は放射熱による移動です。 建物に使われる多くの材料は放射熱を良く吸収し、吸収した熱を再び室内へ放射します。ヒートバリアボードで使用されているアルミ遮熱シートはこの放射熱を97%反射します。