矢印
遮熱する外壁材<br>「セレクトリフレックス」

遮熱する外壁材
「セレクトリフレックス」

0宣言の家では遮熱する外壁材
「セレクトリフレックス」を標準採用しています。

外壁温度は、太陽の熱により真夏で93℃近くまで上昇します。ほとんどの外壁仕上げ剤は反射性に乏しく、太陽の熱をほとんど吸収してしまいます。さらにこのような外壁面は放射率が低いので吸収した熱を放出せず蓄熱してしまいます。外気温が下がった後も外壁は熱いままです。

中空セラミックが太陽の熱を反射します。

セレクトリフレックスに含有されている中空セラミックが、太陽光線の中で熱源を発生させる赤外線を効率よく反射させます。
【反社性能】
・日射反射率72%以上(白色系の場合)
・日射中の赤外線については90%

赤外線ランプによる遮熱、断熱実験

【試験体】
A:EPS断熱材4号品(ア)20mm + セレクトリフレックス片面コテ塗り
B:EPS断熱材4号品(ア)20mm + アクリルフィニッシュコート片面コテ塗り

セレクトリフレックスを塗布した外壁は赤外線ランプを使って温めても
温まりにくく、これにより実際の外壁に使用した場合においても
外壁を温めにくいと言えます。

サーモグラフィによる外壁温度の比較

セレクトリフレックス  一般的な塗り壁     サイディング

実際の外壁をサームグラフィを使用して温度を視覚的に撮影したところ
高い遮熱性能が見て取れます。

トップページに戻る